ハイローオーストラリア

バイナリーオプションで仮想通貨ビットコインを使える業者は?

バイナリーオプションビットコインは使えるの?

当初、バイナリーオプションでの取引は外国為替でしかできませんでした。

ですが、近ごろビットコインを代表とする仮想通貨のユーザーが増えてきたことから、バイナリーオプションでも仮想通貨での取引をスタートさせる業者が出てきました。

これからバイナリーオプションを始めようとする方の中には仮想通貨と聞いてもピンとこない方も居らっしゃるかもしれません。

そこで今回は、そもそも仮想通貨とは何?から仮想通貨を使えるバイナリーオプション業者、仮想通貨の取引での注意点についてお話していきます。

 

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は、以下のリンクをクリック(登録は3分・完全無料

ハイローオーストラリアの口座開設

 

まりてぃくす
こんにちは。まりてぃくすです。

仮想通貨での取引は、全てのバイナリーオプション業者で行えるわけではありません。

また、取引に対応している業者でも全種類の仮想通貨が使えるわけではないので、 そこら辺も詳しくお伝えしていきますね。

 

仮想通貨とは?

仮想通貨とは

仮想通貨は、令和2年の資金決済法の改正により、暗号資産へと呼称変更されました。

日本での仮想通貨の正式名称は暗号資産なのですが、本記事ではなじみの良い「仮想通貨」のまま続けさせていただきますね。

仮想通貨とは、一言で言うと「仮想」の「通貨」です。

仮想というだけあって姿があるわけではありませんが、きちんとしたお金です。

お金なので通貨の単位があり、仮想通貨の代表格ビットコインは「BTC」と表記されます。

円やドルのような法廷通貨とは違い、インターネット上でやり取りができる電子データのことです。

分かりやすい例えですと、ネットで買い物をする際に使えるポイントがありますよね。

そのポイントは専用サイトのみで使える仮想の通貨です。

同じように、ビットコインなども入手すればバイナリーオプションで使う事が出来ます。

 

まりてぃくす
仮想通貨は、円やドルなどの法定通貨と違い、国の介入で価格が変動する事はありません。

流通状況などに応じて、通貨価格が変わっていくシステムです!

 

バイナリーオプションでビットコインなどの仮想通貨を使える業者は?

仮想通貨を使える業者は

では、ここからはビットコインなどの仮想通貨で取引ができるバイナリーオプション業者をペイアウト率なども含めてご紹介しますね。

業者名 ハイローオーストラリア
使える仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル
ペイアウト率 HightLow 1.85  HightLow スプレッド2.0
業者名 ゼントレーダー
使える仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン
ペイアウト率 1.6~1.9
業者名 ザ・オプション
使える仮想通貨 ビットコイン
ペイアウト率 1.82
業者名 ビットオッズ
使える仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル
ペイアウト率 オッズ制(人気が高いほど下がり、低いほど上がる)
業者名 ファイブ スターズ マーケッツ
使える仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル
ペイアウト率 1.5~1.6
業者名 ワールド クリプト バイナリー
使える仮想通貨 ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モネロ、ダッシュ、リップル
ペイアウト率 1.5~1.7

 

まりてぃくす
取引可能な業者はすべて海外業者で、日本のバイナリーオプション業者が1つも無いとお気付きかと思います。

次の章で、なぜ日本のバイナリーオプション業者は仮想通貨を使えないのかお伝えしますね。

 

なぜ日本のバイナリーオプション業者は仮想通貨を使えないのか

日本のバイナリーオプション業者

今現在、日本のバイナリーオプション業者で仮想通貨を使えるところはありません。

平成29年に金融庁から「暗号資産」に係る新制度が発表され、仮想通貨と法定通貨を交換するには、暗号通貨交換業の登録が必要となりました。

 

金融庁

出展:金融庁HP

 

日本の全てのバイナリーオプション業者が、暗号通貨交換業への登録をしていないため、仮想通貨では取引を行えないのです。

おそらく、日本のバイナリーオプション業者は、暗号通貨交換業の登録をしてまでもサービスを行う必要性を感じていないのでしょう。

ですが、この先は分かりませんので、動向をチェックしていきましょう。

 

まりてぃくす
海外のバイナリーオプション業者は日本の法律に左右されないので、日本でも仮想通貨取引ができる仕組みとなっています。

 

仮想通貨の取引での注意点

仮想通貨の取引での注意点

ここまでで、「仮想通貨とは何か」「取引できるバイナリーオプション業者」がお分かりいただけたと思います。

ではここからは、仮想通貨で取引する際の注意点を2つお伝えしていきます。

ポイント

  • 取引量が多い仮想通貨を選ぶ
  • 改正賃金決済方に気をつける

 

それぞれ見ていきますね。

 

取引量が多い仮想通貨を選ぶ

これは通貨ペアの取引きと同じ考えです。

為替市場は基本的に売る側と買う側が居て、価格が決まりますね。

取引量の多い仮想通貨は市場参加者が多いため、売りたい側と買いたい側がマッチしやすいです。

市場参加者が多いと「売り」と「買い」が均されるので、急激な変動が起こりずらく余程の事がない限り予想外の値動きをする事はありません。

逆に「取引量が少ない」時は、市場参加者が少ないという事ですので、なかなかレートが動かず、予測がしずらくなります。

また、個々の「売り」と「買い」による値動きでレートが揺れやすくなるので、急激な変動が起こる事があります。

以上のことから取引量の多い仮想通貨を選べば、予測が立てやすいという事がお分かりいただけるでしょう。

 

改正賃金決済方に気をつける

仮想通貨は、2017年の改正賃金決済方でようやく法的規制が施工されました。

今後も新しい仮想通貨が出てくるでしょうし、規制の強化や緩和が予想されます。

したがって、仮想通貨で取引する際は新たな改正に注意しましょう。

法定通貨と違い、社会情勢などで影響を受けることは無いはずですが、仮想通貨に関わる法令が改正されるなどすると市場に動きが出ます。

改正の内容にもよりますが、一時的な下落が起こる可能性があります。

仮想通貨の規制が話題に上がった時は動向を見守り、取引を控えるのが無難でしょう。

 

まりてぃくす
取引量が多い仮想通貨ほど、「情報が集めやすい」という利点もあります!

 

まとめ

では今回のまとめです。

  • 仮想通貨とは令和2年に資金決済法の改正により、「仮想通貨」は「暗号資産」へと呼称変更された。
  • 仮想通貨での取引は、全てのバイナリーオプション業者で行えるわけではない。
  • 取引に対応している業者でもすべての仮想通貨が使えるわけではない。
  • 日本のバイナリーオプション業者は仮想通貨取引に応じてない。
  • 仮想通貨の取引では取引量が多い通貨がを選ぶ。
  • 改正賃金決済方に気をつける

仮想通貨での取引でもテクニカル分析は必須です。

法定通貨と同じように取引量が多い仮想通貨を選べば、テクニカル分析もやりやすいでしょう。

 

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は、以下のリンクをクリック(登録は3分・完全無料

ハイローオーストラリアの口座開設

RECOMMEND

-ハイローオーストラリア

© 2022 Traders HERO%