ハイローオーストラリア

バイナリーオプションのトレンド見極めのコツとは!?画像付きで解説

「バイナリーオプションでトレンドの見極めがわからない…」

 

このような経験はないでしょうか。

バイナリーオプションでうまく取引するためにはトレンドを見極めてチャートの動きを予想することで無駄な負けを防ぐことが大事です。

 

そこでこの記事ではバイナリーオプショントレンド見極めのテクニックとして「三角保ち合い」を画像付きで解説します!

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は、以下のリンクをクリック(登録は3分・完全無料

ハイローオーストラリアの口座開設

まりてぃくす
こんにちは、まりてぃくすです。

 

バイナリーオプションで勝つためには予想が大事ですが、予想を立てるためには相場の動きを見極める分析方法が必要になります。

今回は「三角保ち合い」を用いてトレンドの発生を警戒する方法についてのお話です。


バイナリーオプションにおけるトレンド見極めの重要性

相場はレンジが7割、トレンドが3割と言われますが、人によって様々な見方があり、どのようなトレードをするかはその人次第です。

特にレンジで戦いたい場合に急なトレンドの発生で負けることが多いようなら、トレンドの見極めをする方法を覚えてトレンドの発生を警戒することが大事です。

 

そのためには予想が出来ないと、損失を抑えようとトレンドが発生しているのに気付かずにナンピンして無駄な負けをする可能性があります。

トレンドはどこまで行くのか、どこで反発するのか予測が出来れば無駄な負けを防げるのでそれだけでも大きなメリットです。

 

トレンドの見極め方の前に、まずは基本的なことについて解説します。

 

トレンドとは

トレンドは一定方向を目指している相場のことです。

上から下に向かう相場を下降トレンドと呼びます。

下降トレンドのスクショ

 

下から上に向かう相場であれば上昇トレンドです。

上昇トレンド

 

レンジとは

上下どちらかに向かう相場がトレンドですが、それに対して横ばいに進みながら上下している相場をレンジと呼びます。

レンジのスクショ

 

 

バイナリーオプションにおけるトレンド見極めと三角保ち合い

三角の形をしたチャートのことを言います。

三角保ち合いはレンジ相場で重視される、いわばトレンド発生を予想する指標となるものです。

今回はレンジ相場で戦いたい場合を想定していますので、予期せぬトレンドの発生を警戒するための方法として「三角保ち合い」を紹介します。

 

三角保ち合い解説

三角保ち合いには次の3パターンがあります。

 

三角保ち合いのパターン

  • 上昇型三角保ち合い
  • 下降型三角保ち合い
  • 均一型三角保ち合い

 

三角保ち合いのスクショ

パターンによって三角保ち合いが狭まって来た時に、いずれのトレンドになるのか異なる傾向があります。

 

パターンごとの特徴

  • 上昇型三角保ち合い 上方向にブレイクして上昇トレンドになりやすい
  • 下降型三角保ち合い 下方向にブレイクして下降トレンドになりやすい
  • 均一型三角保ち合い 上昇型・下降型どちらのトレンドにもなりやすい

参考

ブレイクとはラインを超えることを言います。

今回の三角保ち合いでいえば、三角保ち合いを形成する際に引く「トレンドライン」を超えることを意味します。

 

この三角保ち合いのパターンを意識しながらトレンドが発生しそうか、上昇トレンドか下降トレンドかを予想しましょう。

まりてぃくす
上昇型の三角保ち合いなら上昇トレンドに、下降型の三角保ち合いなら下降トレンドになりやすいので難しいことはありません。

わかりやすいので覚えておきましょう。

 

バイナリーオプションでトレンド見極めを実際に行う

三角保ち合いがどのようなものか解説したところで、実際に三角保ち合いを用いたトレンド見極めについての解説です。

 

三角保ち合いの作り方

三角保ち合いにはトレンドラインを用います。

トレンドラインは「メニューバー」から「斜線マーク(カーソルを乗せると「トレンドラインを作成」と出ます)」をクリックすれば引けるようになります。

トレンドラインの出し方

 

またトレンドはロウソク足があまりにも近いとわかりづらくラインを引きにくいので、少し引いたチャートを表示させましょう。

ここでは1番引いたチャートから2回拡大したものを使用しています。

trendline-point

 

実際の三角保ち合いの様子

ではここから実際にトレンドラインを引いて三角保ち合いを形成するところを解説します。

ラインを引く場所はトレンドが終わってある程度レンジを形成したところです。

 

実際にトレンドラインを引くと次のように三角保ち合いが出来ます。

トレンドラインを引くイメージ

 

ブレイクしてトレンドが起こりそうなら警戒して少し様子を見ましょう。

 

ただし相場は生き物なので常に更新されていきます、ブレイクしたからといって必ずしもトレンドが形成される訳ではありません。

警戒してトレンドになるかと思っていたらまた少し戻ってレンジになることもありますので、再度トレンドラインを引いて三角保ち合いを作ることで見極めていきましょう。

 

先ほどと同様にある程度レンジを形成したところからトレンドラインを引いて、新しく三角保ち合いを作ってください。

先ほど作った三角保ち合いと同じ色だと見にくいので、わかりやすいように違う色に変更しましょう。

画像では緑色にしています。

実際の三角保ち合いによる予想の様子

 

2つ目の三角保ち合いが出来たら一度トレンド見極めの過程を確認していきましょう。

トレンド見極めの過程

  1. 1つ目の三角保ち合いは上にブレイクしたので、上昇トレンドを警戒しました
  2. しかし少し進んだところでまた下降してレンジを形成します
  3. ある程度レンジを形成したところで1つ目の三角保ち合い同様に、トレンドラインを引いて三角保ち合いを作ります

この過程を繰り返し行い、少し先の予想を立てることで無駄な負けを防ぐことに繋がります。

上記のように更新され続ける相場にラインを引いて少し先のトレンドを形成するのが三角保ち合いという分析方法です。

 

また、相場は通貨によっても特徴が異なるので、ご自身でぜひ確かめて検証してみてください。

 

バイナリーオプションを三角保ち合いでトレンド見極めする練習方法

三角保ち合いはやっていること自体は難しくないのですが、いきなり実践で使用する前にまずは相場観を身につけましょう。

相場観を身につけるには過去の相場を利用して実際に三角保ち合いを使用し、検証を繰り返し行います。

検証では次のことに気を付けてください。

 

検証の際に見るポイント

  • 三角の長さ(レンジの長さ)
  • 三角の上下の大きさ(レンジでの幅値)
  • 上記の三角保ち合いを形成後、相場がどのような動きをしているのか

 

長さや値幅に対して、ブレイクした後はどうなっているのかを確認するということです。

通貨の種類によっても特徴が異なるので、通貨を変えて様々な検証をすれば実際の取引でご自身のトレードスタイルに合わせて活用することが出来るでしょう。

ぜひ活用していただければ幸いです。

 

まりてぃくす
三角保ち合いは難しい分析方法ではなさそうですね。

練習をして慣れればトレンドが発生しそうな怪しい場面ですぐに実践できるでしょう。

 

まとめ

内容をまとめると次のようになります。

  • レンジ相場で戦いたい場合はトレンドを警戒することが大事、そのための分析方法が三角保ち合い
  • 三角保ち合いは3パターンあり、パターンによって上昇トレンド下降トレンドが予想できる
  • 三角保ち合いはトレンドラインを引くことで簡単に使える指標となる方法だが、相場は生き物なので必ずトレンドになるわけではない

相場の見方は人によって様々ですが、もしレンジ相場で戦いたいなら今回紹介した三角保ち合いはのような分析方法を覚える必要があるでしょう。

三角保ち合いはそこまで難しい操作を必要としませんので、ぜひ一度試してください。

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は、以下のリンクをクリック(登録は3分・完全無料

ハイローオーストラリアの口座開設

RECOMMEND

-ハイローオーストラリア

© 2022 Traders HERO%