ハイローオーストラリア

バイナリーオプションはマーチンゲール法で勝率アップできる!?

バイナリーオプションを日常的に利用している方は、マーチンゲール法という言葉を耳にした事があるかと思います。

また、これから始めようとしている方の中には「聞いたことはあるけど、どういう方法なのかは分からない」という方もいらっしゃるでしょう。

このマーチンゲール法の発祥はカジノで、元々ルーレットなどの2者択一で勝負をするギャンブルで使われていた手法です。

バイナリーオプションは2者択一で勝負するギャンブルと性質が似通っているので、中にはマーチンゲール法を用いて勝負をする方もいらっしゃるようです。

そこで今回はマーチンゲール法とはどういうものなのか、マーチンゲール法を使えば勝率はアップするのか等お話ししていきますね。

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は、以下のリンクをクリック(登録は3分・完全無料

ハイローオーストラリアの口座開設

まりてぃくす
こんにちは、まりてぃくすです。

これからマーチンゲール法を実践しようと思っている方や取り入れようか迷っている方、注意点などもお話していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法

ではまず、マーチンゲール法をあまり詳しく知らないという方もいらっしゃるかと思いますので、マーチンゲール法についてお話ししていきましょう。

マーチンゲール法は通称マーチンとも呼ばれていて、元々カジノなどで行う賭け事で使われていた手法です。

「勝率が50%で払い戻しが2倍」のルーレットゲームなどに有効とされていたものでした。

勝負に負けたら勝つまで掛け金を2倍にしていき、勝つまで続けていくんですね。

そして、勝てたらまた元の掛け金に戻すということを繰り返していきます。

1度勝てばそれ以前の損失を全て取り返すことが可能な手法でもあります。

ですので、理論上は勝つまで辞めなければ、負けないという事から必勝法とまで呼ばれています。

 

まりてぃくす
マーチンゲール法はギャンブルや投資の種類によっては有効となる手法なのですが、バイナリーオプションに用いる場合ではこれからお話しするデメリットも伴うという事を特に初心者の方は把握しましょう。

 

マーチンゲール法で勝率はアップするか?

勝率はアップするか

結論から言いますと、マーチンゲール法はバイナリーオプションにおいては必勝法とは呼べません。

バイナリーオプションで「勝つまで止めない」というマーチンゲール法を実践するには、大きなリスクを伴います。

なぜなら前述したとおり、本来マーチンゲール法はカジノなどで「勝率が50%で払い戻しが2倍」のゲームに有効とされていたものでした。

バイナリーオプションでは取引によってペイアウト率(払い戻し)が2倍以下の取引方法がありますよね。

ですので、単純に掛け金を2倍にしていくだけでは勝てないということになります。

具体的には、下記のようなリスクが伴ってきます。

 

ポイント

  • ペイアウト率が2倍以下の取引でマーチンゲール法を使うと、数回目で損失が出る
  • 1回の取引き上限額に達してしまう可能性がある

 

1つづつ見ていきますね。

 

ペイアウト率2倍以下の取引でマーチンゲール法を使うと、数回目で損失が出る

下の表はハイローオーストラリアのHighlow15分取引(ペイアウト率1.85倍)を例にし、掛け金を1,000円からスタートしてマーチンゲール法を行った場合のシミュレーションです。

ペイアウト率が2倍を下回る取引にマーチンゲール法を使うと、数回目の取引では勝っているにもかかわらず、損失が出てしまうという事がお分かりいただけるかと思います。

回数 掛け金 合計掛け金 ペイアウト 利益
1 1,000 1,000 1,850 850
2 2,000 3,000 3,700 700
3 4,000 7,000 7,400 400
4 8,000 15,000 14,800 -200
5 16,000 31,000 29,600 -1,400
6 32,000 63,000 59,200 -3,800
7 64,000 127,000 118,400 -8,600
8 128,000 255,000 236,800 -18,200
9 256,000 511,000 473,600 -37,400

 

ここまでで、では「ペイアウト率が2倍以上の取引で行えばいいのではないか」と思われるかもしれませんが、そういう訳でもありません。

例えばハイローオーストラリアにはペイアウト率が2倍以上の取引にはHighlowスプレッドTurboスプレッドがありますよね。

ですが、どちらもスプレッドが発生するため、勝率が50%を下回ってしまいます。

以上の事からマーチンゲール法には適しておらず、あまりお勧めは出来ません。

 

1回の取引き上限額に達してしまう可能性がある

繰り返しになってしまいますが、マーチンゲール法は勝てるまで掛け金を倍にして続けていく手法です。

勝つまで止めてはいけないとなれば、もし負け続けた場合(勝率50%の勝負でも負け続ける可能性はあります)は、1回の取引き上限額に達してしまう可能性があります。

そうなるとマーチンゲール法は成立しなくなってしまいます。

大半のバイナリーオプション業者は1回の取引き上限額を設けていますよね。

例えばハイローオーストラリアでしたら、1回のエントリーの上限額は20万と設定されています。

上の表を見ていただけば8回負け続ければ、9回目の掛け金が上限の20万を超えてしまうことがお分かりいただけるでしょう。

 

まりてぃくす
1回の上限額が設定されているとはいえ、勝てるまで倍掛けしていくマーチンゲール法を続けると、損失額はあっという間に増えていきます。

気付いたら資金が底をついてしまったという事にならないよう、くれぐれも資金管理はしっかりと行いましょう。

 

ペイアウト率が2倍以下の取引でマーチンゲール法で勝つためには

ペイアウト率が2倍以下の取引では、ペイアウト率が2倍以下の取引でマーチンゲール法で勝つためにはどうしたら良いかというと、掛け金をペイアウト率に応じて2倍以上に調整していくことです。

この方法ですと、何回目の取引きであっても勝てば利益をだすことが出来ます。

具体的な掛け金の倍率は、下の表を参考にしてくださいね。

 

ペイアウト率 掛け金の倍率
ペイアウト率2.3倍 前回掛け金の1.77倍
ペイアウト率2.2倍 前回掛け金の1.84倍
ペイアウト率2.0倍 前回掛け金の2.0倍
ペイアウト率1.95倍 前回掛け金の2.06倍
ペイアウト率1.90倍 前回掛け金の2.12倍
ペイアウト率1.85倍 前回掛け金の2.18倍

 

まりてぃくす
ですが、この方法でも負けが続いてしまい掛け金が20万に達してしまった場合はマーチンゲール法は成立しなくなってしまいます。

くれぐれも、この点に注意しましょう。

 

マーチンゲール法を試してみたい方はこうしよう

マーチンゲール法を試してみたい方

ここまでマーチンゲール法のリスクをお話してきましたが、それでもマーチンゲール法を使ってバイナリーオプションで稼ぎたいと思っている方は次の点に注意して行うようにしてみましょう。

 

マーチンゲール法の回数に制限を決める

マーチンゲール法は負けるたびに掛け金が倍増していきます。

負けが続くと掛け金が雪だるま式に膨らんでいき、あっという間に資金が底をついてしまいます。

ですので、ご自分の資金と相談して「2回まで」あるいは「3回まで」などと回数を決めて行うようにしましょう。

 

掛け金の上限を決める

バイナリーオプションで1回の取引を行う際に最適な掛け金は口座資金の5%と言われています。

これは安全に稼ぐ為の目安です。

ですので、マーチンゲール法の1回目の掛け金は5%よりも下回る1%からスタートすれば、もし3回連続で負けてしまっても資金が底をつく事はありません。

口座の総資金が20万であったら1番最初の掛け金は1%の2,000円からスタートすれば良いという事になりますね。

 

まとめ

記事の内容をまとめると次のようになります。

  • マーチンゲール法は勝率が50%でペイアウト率が2倍の取引に有効
  • マーチンゲール法はバイナリーオプションでは必勝法とは呼べない
  • ペイアウト率が2倍以下の取引でマーチンゲール法で勝つためには、掛け金をペイアウト率に応じて2倍以上に調整する
  • バイナリーオプションでマーチンゲール法を取り入れるには回数や掛け金に上限を設ける

投資はギャンブルではありません。

相場分析のうえ、1回1回冷静に取引を行って着実に勝利を積み上げていく事がバイナリーオプション本来の醍醐味といえるのではないでしょうか。

ハイローオーストラリアの口座開設がまだの方は、以下のリンクをクリック(登録は3分・完全無料

ハイローオーストラリアの口座開設

RECOMMEND

-ハイローオーストラリア

© 2022 Traders HERO%